×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ボートを使った若狭湾の五目釣り。誰でもつれる基本テクニックを紹介。

ボートで釣る五目釣りのテクニック

簡単な仕掛けで高級魚も釣れる。
何が釣れるか分からないのが五目釣りの魅力!

 ボートの五目釣りの場合にはアジのサビキ釣りのように市販の仕掛けで簡単に釣れるものから、マダイ狙いのテクニックを必要とするものまでいろいろあります。
ここではコマセを使った五目釣りの基本になるサビキ釣りビシ釣りを紹介します。

 どんな釣りの場合にもそれぞれのテクニックにより釣果が左右されることは当然ですが、ボートで釣りをする場合にはボートをコントロールすることが重要です。
詳しくは別ページに解説しますが、基本的に流し釣りの場合にはポイント上をボートがトレースするように風上にボートを移動し流します。またポイント上に止めたいときにはシーアンカーやスパンカーを使ったり、エンジンの出力調整をするなどの方法を使います。

サビキ釣りのテクニック

アジ写真

 アジは大きな群れで行動することが多く魚探にもはっきり映るのでポイントを探しやすい魚と言えます。
多くの魚種が付きやすい潮通しの良い高根周りを好みますのでいろんな種類の魚が同時に狙うことができます。

 コマセを使った釣りに共通しているのは魚のいるタナにコマセを撒きその煙幕の中にサシエサや疑似エサ針を同調させるということです。
サビキ釣りの場合にはまずコマセカゴにアミコマセを詰めオモリから先に仕掛けを投入して着底させます。
そして糸フケをとりながらサオ先が水面付近に来るようにして3mぐらい巻き上げ、サオを上下にしゃくってコマセを出します。しばらくたってアタリがなければもう一度コマセを出します。
これを何度か繰り返しますが数回でコマセがなくなりますので仕掛けを回収してアミコマセを詰めます。
コマセの出し方は5〜6回のシャクリでコマセカゴが空になるぐらいがよく2〜3回で空になる場合はコマセカゴの口を絞り気味にし、5〜6回でもコマセが残るときはコマセカゴの口を少し開くように調整します。

 アジのアタリは明確ですぐに分かりますが、アジは一匹掛かればつられて食ってきますのでできるだけすべての針に掛かるように追い食いさせます。
アジは海底付近にいることが多いのですが掛かった針によってタナの上下の調整ができます。アタリがカンカンと響くようなら上針に掛かっていることが多くゆっくり巻き上げて追い食いさせ、グングンと引くようなら下針に掛かっていることが多いので送り込みます。
仕掛けを上げたときにすべての針にアジが掛かっているのは実に気持ちいいものです。

 この釣りのもう一つの魅力は大型の青物やヒラメなどが釣れることです。秋から冬にかけてはサビキ仕掛けに掛かったアジをそのまま放っておくとハマチやカンパチ・サワラなどが釣れることがあります。ヒラメは岩礁帯と砂地の境目付近を意識して待ってみてもいいでしょう。
どちらも待って釣ることになりますので置竿にしてもいいですね。ただし仕掛けは必ず太いものにしてください。

ビシ釣りのテクニック

釣果写真

 ビシ釣りではとりわけタナ取がとても重要です。イサキの場合には非常に警戒心が強い魚なので遊泳しているタナにコマセを振り出しサシエサを自然に鼻先まで届けてやることを心がけます。
遊泳しているタナは上下の幅が狭いので魚探の反応などから水深を正確に知ってから釣りを始めます。

 コマセにはオキアミとアミコマセを混ぜたものを使いサシエサにはオキアミを使用します。オキアミは尾バネを切り真っすぐに垂らすように付けますが小さめの場合は2匹抱き合わせても良いでしょう。
コマセをビシに詰めて仕掛けを投入しますが、手前マツリにならないように必ずビシを先に投入するようにしてください。.

 ビシをタナの中央付近まで沈めコマセを振り出します。そしてサシエサが撒かれたコマセの中に入るようにリールを巻き上げます。その状態で誘いを何度か入れますがイサキの場合にはあまり大きく上下させる必要はありません。
コマセの出し方はあまり多くならないようにします。少なめのコマセを何度もこまめに撒いた方がエサ取りを集めずにすみます。またタナより下には決してコマセを撒かないこと。エサ取りが誘われて上がってきてしまいます。

 この仕掛けで釣るもう一つのターゲットはマダイです。ただこの魚は警戒心が非常に強くビシの着底音でも逃げてしまうと言われる程です。それに季節や日によって居場所を替えるためポイントの選定が難しく魚探にもはっきり映る魚ではありません。
ベテランでもなかなか釣ることのできない魚種ですからターゲットをマダイに絞って釣行するとボウズを覚悟の釣りになります。
ただしポイントにうまく当たった場合や活性の高いときなどは連続で掛かることもありますのでマダイの可能性のある場所ではあらかじめ太い仕掛けにしておいた方がいいでしょうね。細い仕掛けでは一発で切られて泣きをみることになりますよ。

それでは頑張って大物を釣ってくださいね。

  • 五目釣りTOPに戻る
  • 〔PR〕

    磯釣り   筏釣り   ボート釣り   癒しのココロ   ミニボートの釣り日誌