×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

若狭湾の磯でグレ釣りを楽しむためのウキフカセ釣り解説サイト

磯で楽しむグレ釣りの魅力

グレの引きは小さくても強烈。
磯のグレ釣りならではのファイトが楽しめます。

グレにはエサをくわえた瞬間に住処である根に戻ろうとする習性があります。掛かったと思ったとたんに根に入られてハリスが切れるということも珍しくありません。

パワーも強烈で取り込むまで抵抗をやめませんから海面まで浮かせても安心できず、最後までファイトを楽しませてくれます。

また外見からは想像できないほど美味しい魚で、淡白な白身は刺身にしていただくと最高ですし、煮付けなどもいいですよ。
釣るばかりでなく食べるのも楽しみなターゲットですね。


グレ釣りのタックル&仕掛け

タックル

グレ釣りでは定番となっているウキフカセ釣りは、オモリを打たないフカセ釣りにウキを付けたもので、極小オモリを使った軽い仕掛けが基本です。
最近ではウキや仕掛けのバリエーションも豊富で使い方もいろいろありますが、やはり基本的な仕掛けを使いこなすことが一番だと思います。
LBリールはグレ釣りの定番になりましたね。最近ではトラブルがずいぶん減ったので初心者の方でも使いやすくなっています。

つづきは「グレ釣りのタックル&仕掛け」へどうぞ!


グレを釣る釣り場とポイント

磯

磯にはサラシやシモリそれに潮目やカケアガリなどがあります。ポイントを決める要素は磯の地形以外にも風向きや潮の流れ方などたくさんあります。
磯に上がったらまず一番に磯の地形や潮の状況、風向きなどを考慮して釣り座を決めなければなりません。この釣り座が釣果を左右することになりますから慌てずじっくり決めるようにしましょう。

つづきは「グレを釣る釣り場とポイント」へどうぞ!


グレ釣りのテクニック

釣果写真

グレ釣りは撒き餌で魚を寄せて釣るウキフカセ釣りが定番です。ウキフカセ釣りは撒き餌と刺し餌の同調が基本ですから、グレの習性や潮の状況を考えた効果的な撒き餌と仕掛けの投入が必要です。

またグレは非常に警戒心の強い魚で刺し餌を食った瞬間に針の違和感を感じて吐き出してしまいます。アタリの出やすいウキの選択とタナの調整がとても大切です。

つづきは「グレ釣りのテクニック」へどうぞ!


スポンサーサイト

〔PR〕

磯釣り   筏釣り   ボート釣り   101匹目のキス釣り 癒しのココロ   ミニボートの釣り日誌